輪郭形成にかかる費用

カウンセリング

輪郭形成の注射は色々

骨格を変えて小顔矯正する手術は安いとは言えず、ダウンタイムも長いので、決心が付かない人も多いのではないでしょうか。そんな人は、メスを使わない施術を選ぶのも一つの方法です。美容クリニックで用意している小顔矯正メニューは、ボツリヌストキシン注射や脂肪溶解注射、ヒアルロン酸注射といった注射による輪郭形成が主流です。ボツリヌストキシンを両頬に注入する場合は10万円ほどがかかります。注射後すぐに変化が見られることはほとんどなく、数日後から徐々に頬が細くなっていくのが感じられるようになります。施術を受けた人の満足度は高く、明らかにフェイスラインがシャープになる人は少数ではありません。それと脂肪溶解注射は両頬に注射すると6万円程度かかり、平均回数である3回受けると、18万円かかることになります。これはダイエットしても脂肪が落とせなかった人から評価の高い施術です。そして、ヒアルロン酸注射を顎に注入する場合は5万円ほどが相場です。他の部位にも注射する場合は、5万円追加でかかると考えるといいでしょう。理想のフェイスラインに近づけたと満足する人は多いです。頬の膨らみが気になるという人は年代問わず多い傾向にありますが、その原因は人によって違います。いつも力強く咬んでいる人は咬筋が発達しやすいので、ボツリヌストキシン注射が有効です。食中毒の一種を注入することで筋肉の力を奪い細らせて、頬の膨らみを軽減させます。そして、脂肪が多く付いている人は脂肪溶解注射などが効果的です。脂肪細胞を減少させる効果を持つ天然由来の薬剤を注射することで、頬をすっきりとさせられます。二重あごに悩む人にも効果的ですから、ぽっちゃりしている人は頬と顎に脂肪溶解注射を打つと、高い小顔矯正効果が感じられるでしょう。それから、顔の輪郭で気になるところにヒアルロン酸注射をしても小顔矯正効果が得られることがあります。ヒアルロン酸は肌をふっくらさせる効果を持ちますが、頬骨辺りの高い位置にあった脂肪が頬に下がってしまった人は頬骨付近に注入すると人からの視線が上に上がり、小顔に見える場合も少なくありません。また、顎がはっきりしていない人は顎先に注入すると顔がより立体的になり、小顔矯正効果が得られます。

Copyright© 2018 美容外科で小顔 矯正をしよう【原因に合わせた治療方法が揃っている】 All Rights Reserved.